赤花眉刷毛オモトの夏・・・常緑葉タイプ&落葉タイプ

赤花眉刷毛オモト(Haemanthus coccineus)夏季落葉タイプ

只今、休眠落葉期で葉がありません。遮光ネットした簡易ビニールハウスに入れ、水がかからない様にしています。長い事、球根はあるのですが、正直今まで、なかなか花芽ができません。花後の生育期の秋から冬~初夏まで生えている葉をしっかり育てないと花芽ができないのでしょうか。思い当たる節が毎年あり、残念ながら花芽にならず、秋口葉芽ばかりで何年もあるままです。
昨年の秋から今年初夏の落葉まで、今年はしっかり葉を育てられたので、今年秋の開花をこっそりかなり期待しています。葉芽の前に花芽が来て絶対欲しいです。ちょっと不安なことは、根土が良くないかもしれず、花上りに影響するでしょうか。今年の開花もダメなら、肥沃な培養土に植え替えてみなくてはと思います。


アカバナマユハケオモト(Haemanthus coccineus)夏季落葉型~2018.07.13


赤花眉刷毛オモト交配種(Haemanthus albiflos×Haemanthus. coccineus交配種)常緑葉タイプ

手間いらずで何もせずとも、1年中常緑で、夏の終わりころ花芽を上げ開花しやすいです。根土も大きく7号鉢(径21cm)入りで片葉渡り20㎝ほどもあり、結構、球根も径7cm上サイズの立派な株です。どちらも初めから子付きで充実しています。
只今、真夏ですが、周年常緑なので雨さらしで屋外に置いています。このところ枯れ枝葉ゴミに擬態した尺取り虫に葉をかじられたようで、気づけば黒い糞がたくさん重なり葉に落ちて危ういところでした。殺虫粒剤をバラまき水やりして様子見ちゅうです。


アカバナマユハケオモト交配種(Haemanthus albiflos×Haemanthus. coccineus交配種)常緑型~2018.07.13


詳しい関連サイト


★今朝の天気★ かなり蒸し暑い、曇り




にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2018.07.13 Category: ヒガンバナ科  Comments (0) Trackbacks (0)

ちゃんと♪葉っぱが、シゲシゲちゅ~♪赤花眉刷毛オモト(常緑型 ・落葉型)

→昨年12月の記事  この時は、まだ、3坪の大きめビニールハウスがあり、その中に入れて年を越し冬越できる予定でした。年が明けて、1月9日、悪夢のような暴風速18mが半日12時間くらい吹き続け、3坪温室はフレームが風圧に押され傾き、ついには中の花台までも押され倒れ、結果ビニールも破け・・・1年持たずに倒壊してしまった、まだ記憶に生々しい出来事です。

中に置いていた多肉、観葉は仕方ないので室内の空き部屋に急遽取り込みました。この2バットの球根たちも無加温日当たりのそれほど良くない北側空き部屋に4月初めまで3か月間置き去りでした。

■赤花ハエマンサス・眉刷毛オモト常緑型(Haemanthus albifios ×H. coccineus)
■赤花ハエマンサス・眉刷毛オモト落葉型(Haemanthus coccineus)

赤花眉刷毛オモト、マッソニア・ロンギべス~まだ葉がしげしげちゅ~♪2018.04.19


斑入り君子蘭~回復途上\(-o-)/
マッソニア・ロンギベス~まだ葉があり、花跡は種になるでしょうか

4月1週目に室内観葉をみな屋外に出しました。葉焼けに注意しながら、早2週間ほどたちますが、常緑型赤花眉刷毛オモト落葉型赤花眉刷毛オモトもちゃんと葉が茂り、どうにか痛みなく現在を迎えています。本当は、暖かくよく日の当たる大きめビニールハウス内のよりよい環境で冬越ししたいと思っていましたが、返って今年1・2月のマイナス大寒波を避けられたので、不幸中の幸いだったのかもしれないと思っています。

今年の秋は、②落葉型赤花眉刷毛オモトが咲いて欲しいのですが、この調子で暑くなるまで葉を茂らせ、葉が枯れてきたら休眠期、ヒガンバナの様に、葉よりも先に花芽が来てくれることを祈りながら、一息ついて、お世話します\(^o^)/。

★今朝の天気♪ 穏やかに薄晴れ。


にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2018.04.19 Category: ヒガンバナ科  Comments (0) Trackbacks (0)

冬の赤花眉刷毛オモト(Haemanthus coccineus) は只今こんな感じに成長期♪&葉が出た後に花が来る!初冬咲マッソニアは開花ちゅう~♪

赤花眉刷毛オモト(Haemanthus coccineus) →詳しい関連サイト

手前、かなり幅広葉の大きい球根、2鉢は、落葉休眠せず一年中常緑でいます。→「秋開花の記事」この2株は、今年も秋にやや薄目の赤い花を咲かせました。これとは別に、奥の葉幅広くない球根は、手前の株と同じように育てていても、秋に葉が出てから晩春につれ次第に枯れる夏休眠タイプです。

赤花眉刷毛オモト(Haemanthus coccineus) の冬葉、常緑葉、または開花後、葉が出て秋から春まで葉を茂らせています。2017.12.24

■赤花、ピンク花の眉刷毛オモト(左側)↑奥、↓→落葉したまま秋に花芽を上げる記事

葉が夏に枯れる休眠タイプ球根は、板橋の物流センターで多肉ビッグバザールが開催されている頃入手しました。本当のこと言いますと、昨年、1球根花芽ができたくらいで、今まで2回くらいしか開花を見られずに、未だうまく育てられずほぼ開花できていません。(球根がまだ小さかったせいもあるでしょうか)

昨年は、寒さに痛めない様、常緑タイプトと一緒に室内に取り込み葉は茂っていました。水やりをほぼせず萎びた葉のまま春まで過ごし、葉があったものの球根に養分が届かない感じで気の毒でした。今年は、4坪のビニールハウス内、緩やかに日当たる棚下の梨地ビニール越しに置き、用土が乾けば水やりして葉を育てるようにしています。これから4・5月まで水やりしながら葉を育て、暑くなるにつれ葉が枯れ6~8月休眠期は水やりしないで秋を待ち、来年こそは、落葉型の球根すべて、開花できるようにしたいです~となんだか毎年言ってるダケ・・・~早くヤレ~\(-o-)/。

赤花眉刷毛オモト(Haemanthus coccineus) の冬葉、常緑葉、または開花後、葉が出て秋から春まで葉を茂らせています。2017.12.24


■マッソニア・ロンギべス~今時期、開花中♪
蕾が出始めの記事この頃~白筋アマリリスは開花し始め~2017.12.02

マッソニア・ロンギべス~只今、開花中♪2017.12.24


今更ですが、分けて違いを区別してみますと、
①葉よりも先に花が咲く夏落葉型秋咲き球根(赤花眉刷毛オモト、コッキネウス系)
葉も周年保ちながら秋咲きする球根(白花眉刷毛オモト、↑と交配種など)、
③秋に葉が出始めてから花芽を上げる初冬咲の球根(マッソニア、ラケナリア)、
半常緑で晩春まで成長期、夏にやや休み、秋~初冬に花を咲かせる(白筋アマリリス)

南半球生まれの球根で、南半球では北半球と季節が逆転するので、ややこしいですが、北半球では
*10月~4・5月まで、葉が出る生育期→*6~8月、葉が枯れ休眠・半休眠期→*9~10月、花期及び葉が出る生育期の始まり

なのかしら・・・あってるかしら~だから~今、茂っている葉をしっかり晩春まで育てネバネバネバネバ~♪


■屋内・外気温   今年一番の冷え込み最低気温更新!!

屋外IN:4坪温室内  ★今朝の最低気温0.7℃、昨日の最高気温17.9℃(無暖房)
屋外OUT:軒の無い屋外 ★今朝の最低気温-0.7℃、昨日の最高気温6.7℃
屋内:寒さに弱い多肉葉植物を取り込んだ室内部屋(随時暖房) 
            ★今朝の最低気温8.4℃、昨日の最高気温22.0℃

*今朝の天気 晴れ。今年一番、屋外最低気温更新!、穏やかに晴れ。
  


にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.12.28 Category: ヒガンバナ科  Comments (0) Trackbacks (0)

凍結被害で葉がなくなってしまった★斑入り君子ランのその後&★白筋アマリリスの花芽♪

■斑入り君子蘭→過去の記事(2016.03.11)

早いもので、葉を痛めてしまってから2年弱経過しました。それでもこの程度の回復しかできず、一度、痛めてしまうと回復に2~3年かかってしまう、植物にとっても自分にとっても気の毒な、育て方の現状です\(-o-)/。

斑入り君子蘭(凍結被害で痛めてしまった球根)少しづつ復活♪2017.12.02

前回記事は、ひどい状態で花を咲かせて驚いていますが、その後さらに遅れて植え替えしました。用土も水やりも肥料も不足で、やっとこの程度の葉が回復しているだけです。葉が一定の枚数以上育つと開花するようですが、来春開花してくれるでしょうか。まだ屋外簡易ビニールハウスの中にいますが、観葉植物を取り込んだ屋内、一時暖房部屋に霜予報が出そうなら取り込む予定です。


■白筋アマリリス

屋外簡易ビニールハウス放置で毎年一株だけ花芽ができます。その程度しか咲かせられず、でうまく育てているとは全然言えません。大きな葉を広げ、高く太い花茎に大きな花を咲かせてあげたいのですが、放置では・・・だめです・・・

白筋アマリリス~初冬に開花♪2017.12.02


*斑入り君子蘭も*白筋アマリリスも、以前の居住地では、北側家屋建物に沿って置いたアイアンラックにビニールを被せて温室風にしていただけでしたが、葉痛みなどありませんでした。現在居住地での簡易ビニールハウスは、家屋に沿った軒下や一面だけでも風よけになる障害物がない、結局ビニール一枚被せているだけでは、軒下よりも凍結被害が起こりやすい環境ということが、なんとなくわかりました(-o-)。・・・家屋側の軒下に作った簡易ビニールハウスに入れておけば、もしやきっと凍らないのではないかしらと・・・また性懲りもなく思いふけっていたりします。


■屋内・外気温

A:屋根のある軒下★今朝の最低気温℃、昨日の最高気温℃ 中止
B:4坪温室内  ★今朝の最低気温7.2℃、昨日の最高気温21.0℃(無暖房)
C:軒の無い屋外 ★今朝の最低気温6.6℃、昨日の最高気温11.0℃
D:寒さに弱い多肉葉植物を取り込んだ室内部屋(随時暖房) 
         ★今朝の最低気温13.0℃、昨日の最高気温21.0℃

にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.12.02 Category: ヒガンバナ科  Comments (0) Trackbacks (0)

赤花マユハケオモト♪咲いたのは~もしかして~偶然カモネ~カモネ~♪モシャモシャ咲いてます\(^o^)/♪

赤花ハエマンサス・眉刷毛万年青(Haemanthus albifios ×H. coccineus)

昨年、最寄りの園芸店で赤花名札を見つけ、嬉しいことにその秋に大きな球根に花芽が上がり開花しました。小さい球根も脇にあり分球もして、葉がしっかり大きく育った良株でした。→昨年の開花

今年は、花芽を2つ上げ、うまく育っているような感じですが、私自身はこの株、もしや咲かないかもと、自信がありませんでした。

*ハエマンサス・アルビフロス(常緑、白花冬型、やや寒さに強い、3度以上、霜に当たらに温度、)と*コッキネウス(落葉性、赤花冬型、寒さには弱い5度以上あった方が良い)との交配種の良赤花株ではないかと思います。

■赤花ハエマンサス・眉刷毛万年青(Haemanthus albifios ×H. coccineus)開花♪2017.09.17

昨年、開花後、常緑葉を気温5度以下になるまで、屋外日当たりで育て水やりもしていました。真夏期、落葉型の赤花球根(葉がない球根だけの奥の鉢)も葉だけは出していたので(一株咲いたのみ)同じように育てていました。

昨年は霜予報が早く、11月後半に室内日当たりに取り込みましたが、以降水やりもなかなかできずせず、まだ生育期なのに葉が萎びながらも常緑で無加温室内で冬越しました。

本当なら、室内の無加温部屋(5℃位はある)でも、それなりに水やりして、涼しい秋から初夏真夏前までの生育期、葉をしっかり育ててあげていたら、もっと元気だったのではないかと思います。

霜の心配がない春になり、屋外に出すにも葉焼けが心配で、軒下に一応出して馴らしていました。そのまま春~真夏と余りに萎びた常緑葉がかわいそうなので、葉が萎び過ぎると、たまには水やりしていました。結果的に暖かくなって、真夏期は生育期ではないので軒下断水放置して、たまたま常緑なまましっかり休眠断水期を過ごし、メリハリのある生育サイクル通りな環境に偶然あったようです。

■赤花ハエマンサス・眉刷毛万年青(Haemanthus albifios ×H. coccineus)開花♪2017.09.17
 
そして、休眠期の真夏期(今年は冷夏)が過ぎ、冬型メセンの脱皮などが進み始める頃から、もう生育期なので水やりしないとかわいそうかしらと、薄めた液肥料を水やり代わりに、用土が乾いたら与えていると、あっという間に動き始め、蕾が出て3日程の間に2つの花芽がみるみる大きく成長していました。そして、今年は、2花、なんとか順調な開花を迎えています♪。昨年の株と比べてみても、球根・葉とも常緑を保ち、大きさを増して育っています。

短くまとめると、★休眠期の真夏だけ、断水休眠させて、生育期の秋から(真冬はある程度温度のある場所で水やりして育てる)翌春、梅雨期まで乾いたら水やりして葉をしっかり育て、真夏の断水休眠期させて、秋を迎え水やり開始すると花芽が動くサイクルでいいのかしらと、改めて思いました\(^o^)/♪。

ふ~っ♪咲いている赤いモシャモシャ花を筆でかき混ぜてみました。結実するでしょうか♪
日陰で育っても、曇っていても雨が降っていても、キレイに赤く咲いています♪うれしい~ッツ\(^o^)/♪


★今朝の最低気温18.6℃、台風18号遅(風普通)、並雨。
★昨日の最高気温、9月なのに低い、21.4℃。




にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.09.17 Category: ヒガンバナ科  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

takoyashiki

Author:takoyashiki


現在地:静岡県(2014年7月半ば引っ越しました。2014.07前半まで東京南部)
  
多肉・サボテン&観葉植物ぼちぼち栽培!

バイクミニゴリラでちょろちょろ買い物走ります!

ペット!かわいい猫5匹でしたが、2013年悲しくも3匹他界、以降ゴマ子&タコちゃん2匹のつがいです。2015年秋、ゴマ子&タコちゃん悲痛にも若くして他界。2015年末、伊豆子ちゃん保護、2016年現在に至る。

性格は目分量&おおざっぱです

よろしくお願い致します。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ★多肉★サボテン
最新トラックバック
フリーエリア
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
週間天気予報
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
12位
アクセスランキングを見る>>
リンク Blog People
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード