キリン団扇に接ぎ木した白鶏冠の接ぎ面が・・・ヤバイ!ヤバ~イ!大寒波の屋外無加温ビニールハウス内

キリン団扇に接ぎ木した*白鶏冠接ぎ木した記事
(Puna clavarioides (= Austrocylindropuntia clavarioides)) 原産地 アルゼンチン。

大寒波屋外無加温ビニールハウス内で、なんとか行けたかのように見えた台木のキリン団扇ですが、これだけ氷点下が続くと今更、痛んでも仕方ないかと思います。そんななか、どうして同じ場所で左が大丈夫そうで右がダメなのでしょうか?背が高い分ダメだったのでしょうか・・・葉痛みだけで済んでいそうな気もしますが、今朝もしぶと~い氷点下です(ToT)/~~~。

キリン団扇に接ぎ木した白鶏冠、大寒波の屋外無加温ビニールハウス内のその後2018.02.12  キリン団扇に接ぎ木した白鶏冠、大寒波の屋外無加温ビニールハウス内のその後2018.02.12  


そして、しゃがんで接ぎ面を凝視してみると・・・↓!!!赤くされ?凍結腐れ?。接ぎ木パワーの半年で急速に育った接ぎ穂なせいか、接ぎ面が赤く変色しているのです。う~んもしや、強風が吹き抜けて接ぎ面が支えきれずグラグラ動き傷んでしまったようにも見えたいです。とりあえず、キレイな上部までは、まだ大丈夫なようですが、どうやって救出?するべきでしょうか。変な色になっていない部分まで思い切ってスライスして、室内暖房部屋で乾いた用土に転がして置いたら根が出るでしょうか?このままではだめじゃないのよ~っと思うので、兎に角何とかしなくては・・・

あ゛~あ・・・エイエイオーッ!

キリン団扇に接ぎ木した白鶏冠の接ぎ面が、大寒波の屋外無加温ビニールハウス内のその後2018.02.12


■屋外・内気温 またもや!ヒィエ~ッ!な最低気温
 
A地点:中庭地面が土、庭木と家建物に囲まれている、簡易ビニールハウス内外
    *IN :最低気温-1.0℃、最高気温36.1℃ (ビニール閉じたまま・・・)
    *OUT:最低気温-0.7℃、最高気温 13.8

B地点:駐車場地面はコンクリート、遮る建物庭木無し、簡易ビニールハウス内外
    *IN :最低気温-1.4℃、最高気温14.5℃  
    *OUT:最低気温 0.2℃、最高気温 5.1℃ 


C地点:室内陽射しある暖房部屋(寒さに弱い観葉植物を取り込んでいる)
    *最低気温 7.3℃ *最高気温20.8


★今日の天気★ 引き続き、干からびそうな強風続きの晴れ。
もう呆れるほどの強風が吹き荒れ、せっかく張り直したビニールがまたもや破れ箇所、続出です。自然の驚異には、成すすべがないのであります。い゛~かげんにして~ん\(-o-)/♪。


 


にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2018.02.13 Category: 接ぎ木  Comments (0) Trackbacks (0)

エッーッ(-o-)!接ぎ穂の■白鶏冠が・・・萎びて曲がって・・・落ちないで~ッ!どうしましょー!

■プナ・白鶏冠(キリン団扇に接ぎ木)→前回記事

今年、成功した接ぎ木苗で、順調に穂木が成長していましたが、水切れのせいか、台風の暴風のセイか水分を失い・・・傘の柄の様にハテナ❓マーク寸前(大げさだーっ)なので、立て直して水やりしておきました(-o-)。用土は湿っているので、キット暴風のセイだわ~。

018 (800x600)025 (800x600)

↑接ぎ木苗を、始めの頃、木陰に置いた期間が長すぎて、穂木の下の方が長ーく徒長気味です。変な部分から重みでバリ~ンと千切れ落ちてしまう前に気づいて、ラッキーラッキーラッキッキー♪

・・・なんですけど、かなりなアンバランスな鉛筆径程の細い接ぎ面でつながり、もう頭でっかちちゃんです。支柱で支えながらある程度育て、接ぎ下した方が良いとは、思っているのですが、ダイミングーグーグーが・・・を、いつにしたら良いのやら、悩み、とりあえず支柱に結び立て起こす、応急処置をしたのであります。

っていうか~、扇状に大きくヘンに長く育った部分を、どの辺りから胴切りして挿し木したらベストなのか、下に出た子(2芽)をまた来年春に欠いて接ぎ木するべきか、このまま支柱で支えながら来春接ぎ下しすべきなのか、イヤ!接ぎ下さないで行けるところまで3年くらいこのままいけるのか、それとも~・・・このまま小さな新芽を欠いてまた接ぎ木して続けるのか・・・選択肢がゴチャゴチャゴチャゴチャあり過ぎなのでありま~す♪

眉間にしわを寄せながら「ウ゛~ッ」て、寝ても覚めても悩むのって~どうにもこうにもパグパグ、楽しい~ッ\(^o^)/♪♪


★今朝の最低気温、21.3℃、爽晴れ★昨日の最高気温🔥31.2℃
  

にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.09.19 Category: 接ぎ木  Comments (0) Trackbacks (0)

キリン団扇に新芽接ぎのその後・・・あ~あ・・・

今朝の最低気温25.1℃、晴れ。昨日の最高気温31.1℃。

昨日は台風5号の影響で一日中暴風でした。今朝はもう、穏やかな夏青空です。


■キリン団扇にいろいろ新芽接ぎをしました。→経過記事

一度目のみずみずしい新芽接ぎは、3品(茸団扇(白鶏冠)、かぐや姫、テフロカクタス)。一度目接ぎ木は、みなダメでした。2度目、同じ品を再度、接ぎ面をスライスして性懲りもなく載せてセロテープで圧かけしましたが、茸団扇(白鶏冠)だけがか、まぐれというかたまたま接げて、浅はかな糠喜びでした。その後も、同じ台木同じ穂木で落ちた部分を何度もそぎ落とし、接いでみたりしていましたが、結局、うまく接げたのは一つだけ、「プナ・白鶏冠」だけでした。・・・う゛~うっ。
その後も、同じ台木で別の新芽穂(カニグラリー)も接いでみましたが、すべて落ちてしまいました。短くなった台木はまた養生して伸ばし、新しい伸びた台木でまた挑戦しようと思います。

キリン団扇接ぎ木、白鶏冠,、テフロクタス~苗のその後2017.08.08



テフロカクタスをキリン団扇に突き刺し接ぎ木(2017.07.26)↓左~台木が短すぎ?・・・

突き刺した時点で、うまくできていない(台木が若く柔らかすぎ)実感なので、まだ動かず、放置しています。下の抑えは大葉キリン刺です。だからなによ~\(-o-)/。どうなるのか見守ります。

キリン団扇にテフロカクタスを突き刺し接ぎ木~2017.08.08 キリン団扇に白鶏冠を新芽接ぎ~2017.08.08 

接げたキノコ団扇(→過去の記事)は、石化しないとばかり思っていましたが、やはり白鶏冠だったようで、生長点が横に広がり線になり始めました♪。どんな姿に育ってくるのでしょう。 


 


にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.08.09 Category: 接ぎ木  Comments (0) Trackbacks (0)

キリン団扇に新芽接ぎ木の結果・・・

今朝の最低気温23.9℃、晴れ。昨日の最高気温31.1℃。

空梅雨からひどい日差しの暑さなので、遮光ネット(50%)を張っていますが、中をのぞくと徒長し始めたような・・・あ゛あ~。外すこともできず・・・市松模様に変えたくても、注文しないと無いし…寒冷紗でもいいかしらとも思います。間違えて買ってしまった梨地な替えビニールがたくさんあるので、それに交換してもいいのかもとも思います。いろいろ考えることがてんこ盛り~っ(-o-)。

キリン団扇に新芽接ぎ結果

*プナ・白鶏冠(茸団扇)が、確実に繋がっています。左:2017.07.06 右:2017.07.20
一度目の接ぎ木は、圧着無しで載せただけが、数日でポロリと落ちダメでした。その日のことはその日のうちに~もうダメ元の2度目の接ぎ木が、同物を面スライスをして急いで載せ、セロテープで結構つぶれそうなほど押してしっかり圧かけしたモノが繋がっています。接げていれば、短期間にこの育ち様、明らかに伸びている!ビックリです。

キリン団扇に新芽~プナ・白鶏冠(茸団扇)接ぎ♪2017.07.06 キリン団扇に新芽~プナ・白鶏冠(茸団扇)接ぎ♪2017.07.06~2017.07.20

育ちの緩慢な茸団扇が、こんなスピードで大きくなり始めて、ヒィヤッホウ~♪うれしい~っ♪

キリン団扇に新芽接ぎ♪あれこれ~茸団扇、かぐや姫、松笠団扇~2017.07.20  

再度いろいろ考えてみると、あれこれしなくとも、圧をかけただけでもできました!。セロテープで止めても大丈夫!ビニールもかけず、台木に水やりも強いてせず、一度目が落ちて直ぐ同じ台木に同じ穂での面スライスしても、接げました。
前回、一度目が落ちた理由をいろいろ考えてみましたが、それほど条件を整えてなくとも、セロテープで圧かけしただけで接ぎ木は一つ、成功しました\(^o^)/♪。

その他2品(かぐや姫松笠団扇)くっついてはいますが、一定期間経過しても成長していないので、やはりダメと思います。この調子でできるなら、もっともっと新芽接ぎも、実生接ぎもチャレンジしたいです♪

接ぎ木をして、接ぎ木を失った方が、一度も接ぎ木をしなかったよりましだ!

接ぎ木は貯蓄できるかも~\(^o^)/♪。楽しすぎる~~っ♪

エイエイオーッ♪
  

にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.07.21 Category: 接ぎ木  Comments (0) Trackbacks (0)

突然の大粒雹被害・・・&キリン団扇に接ぎ木サボテンのその後・・・

涼しい朝です。今朝の最低気温、20.9℃、晴れ。昨日の最高気温、33.5℃。

昨日夕方、短い時間ですが、ピカピカ雷が鳴り、大雨と大粒の雹が降りました。雷のせいで一時ブレーカーは落ちていないのに停電もしました。久々の雨なのに激しすぎて空模様にビックリです。

大雨は30分足らずで止んだので、陸屋根の排水もなんとか抜け、「この土砂降りが1時間も続いたら・・・大変だったかもしれない」と胸を撫で下ろしたそんなまだ明るい夕方でした。

異常気象~突然、雷にわか雨と大粒雹~2017.07.18 異常気象~突然、雷にわか雨と大粒雹~2017.07.18
異常気象~突然、雷にわか雨と大粒雹~2017.07.18 多肉落ちた雹被害~異常気象~突然、雷にわか雨と大粒雹~2017.07.18 多肉落ちた雹被害~異常気象~突然、雷にわか雨と大粒雹~2017.07.18 多肉落ちた雹被害~異常気象~突然、雷にわか雨と大粒雹~2017.07.18  

大粒の雹は地植えや野ざらしの多肉に衝突して、仕方ありませんが、葉が割れて傷ついていました。いうほどの被害でもなく一安心です。簡易ビニールハウスの上に遮光ネットも掛かっていたので、ビニールハウスの穴あき被害も今のところ大して無いようです。後から被害が見えてくるかも(>_<)。ふ~ッ。


キリン団扇に2度目新芽接ぎ木のその後・・・前回記事

キリン団扇に2度目の新芽接ぎ(2017.07.06~)、左後:白鶏冠、手前:かぐや姫、後右:松笠団扇~2017.07.19


後左:プナ・白鶏冠茸団扇)の2度目の新芽接ぎが、もしやの先端、成長しているように見えます。錯覚かしら?・・・育っている!
一度目(2017.06.28)載せただけ接ぎが落ちて直ぐ、2017.07.07に大急ぎで2度目接ぎセロテープ圧かけ止めしました。もう10日以上経過しています。この間、キリン団扇両脇芽が出たので欠いたりもしています。

成功していたら、接ぎ穂が動き出すのも早いなら・・・他のはダメなのかしらとも思います。

慎重にセロテープをはがしてみよう~そうしよう!

エイエイオーッ♪


にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.07.19 Category: 接ぎ木  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

takoyashiki

Author:takoyashiki


現在地:静岡県(2014年7月半ば引っ越しました。2014.07前半まで東京南部)
  
多肉・サボテン&観葉植物ぼちぼち栽培!

バイクミニゴリラでちょろちょろ買い物走ります!

ペット!かわいい猫5匹でしたが、2013年悲しくも3匹他界、以降ゴマ子&タコちゃん2匹のつがいです。2015年秋、ゴマ子&タコちゃん悲痛にも若くして他界。2015年末、伊豆子ちゃん保護、2016年現在に至る。

性格は目分量&おおざっぱです

よろしくお願い致します。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ★多肉★サボテン
最新トラックバック
フリーエリア
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
週間天気予報
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
10位
アクセスランキングを見る>>
リンク Blog People
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード