ケンシチア・千歳菊の秘密・・・

ケンシチア千歳菊 (Kensitia pillansii)~面白い花の構造♪只今満開花中(^o^)→詳しい関連サイト

今年の1・2月は氷点下続きで最高マイナス6℃という激寒とマイナス3℃日も連続でした。角ばった肉厚の青磁色の葉が硬く凍り、だめになるかも・・・と思いましたが、なんともなく野ざらし地植えで冬越しできています。見た目よりも普通以上に耐寒性があるようです。ですが、残念なことに◆セムナンテ・清流(Semnanthe lacera)の地植え大株は同じく凍ったのですが、緩やかに回復せず、根元からシナシナグッタリ痛んでしまいました。重なり枝が何とか凍らず助かっていたので、枝を挿し木してどうにかつなげています。どちらも自分お気に入りのメセンなので大事に大事に繋げたいです。

◆ケンシチア・千歳菊 (Kensitia pillansii)~面白い花の構造♪2018.06.02

毎年タネを採りたいと思ってはいるのですが、花の中にシカロールの様なパウダー状の花粉(雄蕊の)がどっさりあります。花芯の雌しべは?そんな部分はあるのですが、しっかり花粉にまみれているのに、花が終わるにつれても子房の膨らみはどこか凹んでしまい、よく分からないでいます(-o-)。今年は別花の花粉をアチコチの花に飛ばしてみたりしました。どうなるのでしょう~。タネについても詳しい関連サイトにいろいろ説明があるのですが、簡単にタネが採れずにいます(-o-)。

ケンシチア・千歳菊 (Kensitia pillansii)~面白い花の構造♪只今満開花中2018.05.26 ケンシチア・千歳菊 (Kensitia pillansii)~面白い花の構造♪只今満開花中2018.05.26  ケンシチア・千歳菊 (Kensitia pillansii)~面白い花の構造♪只今満開花中2018.05.26 ケンシチア・千歳菊 (Kensitia pillansii)~面白い花の構造♪只今満開花中2018.06.01

それでね、それでね~♪、面白い花の構造、千歳菊の花は、一度開花すると夜間真っ暗になっても花が閉じることなく開きっぱなしなのです♪すごいすごい~♪メセンの花は陽が落ち暗くなる夜や雨天に大概閉じてしまうのに、雨が降っても夜になっても、一度開いた花が閉じることなく咲きっぱなしでいるのです♪。

◆ケンシチア・千歳菊 (Kensitia pillansii)~i一度開くと夜も咲いている♪面白い花の構造♪2018.06.05

今さら~発見でしょ~(→詳しい関連サイトにちゃんと書いてありましたよ~汗っ)♪ホントなんだから~♪。千歳菊の花ってな~んてステキなんでしょ♪。日中はもちろんの事、夜間、雨天、雨天の夜も~一度咲いたら、枯れ果てるまで開き咲き続けるメセンの花は、めったにない!のではないかと思いま~す♪。

千歳菊サイコーッツ♪


★今朝の天気♪ ついに梅雨入り、しとしと雨。



にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2018.06.06 Category: ケンシチア  Comments (0) Trackbacks (0)

白い花から、一輪だけ!突然変異~?\(^o^)/♪

■ランプランタス・白花~木立性

ランプランタス・白花~突然変異、花変わり\(^o^)/発見♪2018.05.15 ランプランタス・白花~突然変異、花変わり\(^o^)/発見♪2018.05.15   

写真を撮り見回ると!なんとまあ~♪やや陰になるエリカの下に、一輪だけツートンカラーの花が見えました。目の錯覚かと、手繰り寄せよ~く見ると、なんとやはり、白が1/4、ピンクが3/4なここだけ突然変異の花色です♪\(^o^)/。

ランプランタス・白花~突然変異、花変わり\(^o^)/発見♪2018.05.15 

この花色の枝を挿し木しておけば、どうなるのでしょう。この枝の脇花は何色が咲くのでしょう。気になる気になる~♪気になる~♪。花びらの変わり色は、ここだけ一時の出来事なのでしょうか。そうでもなく時折継続してツートンな色を繋いでいけるのでしょうか。面白いので、変わり枝部分を忘れないように張り込んで、これからどうなるのか見届けたいと思いま~す♪。

やっぱり挿し木しておこうかしら~♪ウヒヒッヒ~ッどうでもいい様な事が~どうにも楽しい~♪

★今朝の天気♪ 清々しく晴れ。




にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2018.05.16 Category: ドロサンセマム  Comments (2) Trackbacks (0)

ギバエウム・碧玉がいっぱい開花♪葉物、塊根メセンが花盛り\(^o^)/♪&アロイノプシス・唐扇、チタノプシス・天女冠

晴れると面白い葉物、塊根メセンの花がピャッツと♬開きます\(^o^)/♪

ギバエウム・碧玉(Gibbaeum=Antegibbaeum fissoides)→過去の記事2013.03.22
今までいろいろなことがありましたが、過去の記事の一株が、今こんな感じで増えて生きています。かなり強健種だから生き残っていると思います。正直言うと2年くらい前まで、自家受粉する植物の方が、少ないとばかり思い込んでいました。種らしき子房ができていても別株交配ではなので、発芽しないとばかり思い込んでいた時期が長かったです(ToT)。一昨年できた萎びた子房を潰してみると、中に種が少しできていて、ダメもとで捲くと発芽しました。なので、同じ株の花同士で受粉する多肉植物、サボテンは、かな~りいっぱいあるある!ということに、晩年今更気づいた、マヌケな〇バちゃ~ん(ToT)/なのであります。気づいたのだから、まっいいか~\(-o-)/♪。


■ギバエウム・碧玉(Gibbaeum=Antegibbaeum fissoides)~開花ちゅ~♪2018.03.12


アロイノプシス・唐扇( Aloinopsis schooneesii)

■アロイノプシス・唐扇( Aloinopsis schooneesii) ~まだまだ開花中♪2018.03.12

チタノプシス・天女冠(Titanopsis schwantesii)

チタノプシス・天女冠(Titanopsis schwantesii)~花首長く開花ちゅ~♪2018.03.12


↑みな、自家受粉チュルチュル~\(^o^)/♪。

それから我が家では、一年中屋外(日光にしっかり当てています)無加温簡易ビニールハウスで通風はかり、天然雨避けしています。水はけ良い用土に植えてあれば、葉物、塊根、玉型メセンでも、煮えるような真夏と、ガチガチ凍る氷点下真冬の期間だけ、水やり辛く控えれば、春と秋は良く乾いたらたっぷりと、真夏でも涼しくなった夕方、冬なら氷点下にならない日が続く暖かい日中、その日に乾くくらいなら、水やりした方が、周年元気にピチピチしてくれている感じがします\(^o^)/♪。

★今朝の天気★  清々しい晴れ\(^o^)/♪


■屋外・内気温
A地点:中庭地面が土、庭木と家建物に囲まれている、簡易ビニールハウス内外
    *IN :最低気温4.2℃、最高気温33.0℃ (寒い日は閉じます。晴れた日は開けています)
    *OUT:最低気温4.1℃、最高気温21.9
B地点:駐車場地面はコンクリート、遮る建物庭木無し、簡易ビニールハウス内外
    *IN :最低気温3.3℃、最高気温31.1
    *OUT:最低気温6.3℃、最高気温18.0℃ 
C地点:室内陽射しある暖房部屋(寒さに弱い観葉植物を取り込んでいる)
    *最低気温12.1℃ *最高気温22.8




にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2018.03.13 Category: ギバエウム  Comments (0) Trackbacks (0)

アロイノプシス・唐扇( Aloinopsis schooneesii) ~貼り付けた様な無茎花~たくさん開花中♪

アロイノプシス・唐扇( Aloinopsis schooneesii) ~たくさん開花中

昨年12月に水はけ良く植え替えて、水やりもたっぷりしておきました。年明け後、1・2月に稀にも見ない大寒波、マイナス気温が多かったので、どうか凍らしてはならないように、乾いていても水やりしませんでした。水やりしないでいた方が、塊根性メセンも葉物メセンも(アロイノプシス、チタノプシス、ギバエウム、フェネストラリアなど)花芽がどんどん上がり動いていた感じがします。花芽が上がるので、ひどく乾かし過ぎも心配でしたが、水やり我慢して、やっと2月14日辺りから暖かい日が何日かあったので、しっかり水やり始めています。


アロイノプシス・唐扇( Aloinopsis schooneesii) ~たくさん開花中♪2018.02.26

今年は花付きがとても良く、メタリックビカラーななんとなく色違い花が、埋め込んだように様に無茎で咲いています♪。午後3時頃からピーク咲きで、夕方4時半には閉じてしまう開花です。

日中、晴れれば、簡易ビニールハウス内がかなり高温になる(30℃上ほど)ので、開けて通風確保すると、今時期やっと元気にして、根土も早く乾きます。梅雨明け頃までは、水はけ良い根土が良~く乾いていたら、水やりしています。
左🌸~赤オレンジ♪   右🌸~ピンクオレンジ♪

アロイノプシス・唐扇( Aloinopsis schooneesii) ~たくさん開花中♪2018.02.26 アロイノプシス・唐扇( Aloinopsis schooneesii) ~たくさん開花中♪2018.02.26

太い塊根が入り組む姿を露出したいところですが、塊根は土に埋めた方が、上も下も生育が良いとのこと、毎年少しずつでもちゃんと大きく成って欲しいので、用土に埋めて育てています。短く肉厚なむちっとした葉が塊り小山の様に盛り上がり、塊根位置くらい下まで育ってくるので、砕鉢ガラを根と葉の境目に敷いて、葉痛みしないように防ぎたい感じです。


■屋外・内気温
 
A地点:中庭地面が土、庭木と家建物に囲まれている、簡易ビニールハウス内外
    *IN :最低気温2.7℃、最高気温30.7℃ (寒い日は閉じます)
    *OUT:最低気温2.7℃、最高気温 7.8

B地点:駐車場地面はコンクリート、遮る建物庭木無し、簡易ビニールハウス内外
    *IN :最低気温2.2℃、最高気温25.1
    *OUT:最低気温3.2℃、最高気温15.4℃ 


C地点:室内陽射しある暖房部屋(寒さに弱い観葉植物を取り込んでいる)
    *最低気温10.1℃ *最高気温21.9


★今朝の天気★ 風無し♪、朝から春の気配♪曇り多い薄晴れ。




にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2018.02.27 Category: アロイノプシス  Comments (0) Trackbacks (0)

ギバエウム・碧玉(Gibbaeum fissoides)~大寒波のおかげ様♪断水の成果(^^)花芽いっぱいです♪

ギバエウム・碧玉(Gibbaeum=Antegibbaeum fissoides)花芽がいっぱいできています♪。
→詳しい関連サイト

花付きが良くない品とばかり思っていました。昨年12月に植え替えて、一度たっぷり水やりしたっきり、年が明け大寒波に突入、先週2月14日まで水やりせず、ほぼ断水していました。少し前から気づいていましたが、未だかつてなく花芽が来ています♪ネッネッ\(^o^)/♪

■ギバエウム・碧玉(Gibbaeum fissoides)~花芽がいっぱいできています♪。2018.02.19

↓左:今上がっている蕾の様子♪   ↓右:昨年2017.03.30開花の様子

■ギバエウム・碧玉(Gibbaeum fissoides)~花芽がいっぱいできています♪。2018.02.19   ギバエウム・碧玉~花盛り♪2017.03.30

花芽が少ない苗もあります。どうしてなのでしょう。花芽にならないと新葉が動いてしまっている感じです。もっと花芽だらけになるまで、水やりしなくて良かったのかもしれません。去年よりずっと~♪花芽になってる~♬\(^o^)/♪

まだまだ固い蕾ですが、群開花しそうな、緋ピンク大輪花が、もう、うきうき!楽しみです\(^o^)/♪


■屋外・内気温
 
A地点:中庭地面が土、庭木と家建物に囲まれている、簡易ビニールハウス内外
    *IN :最低気温3.8℃、最高気温33.2℃ (少しだけ開けています)
    *OUT:最低気温4.2℃、最高気温12.5

B地点:駐車場地面はコンクリート、遮る建物庭木無し、簡易ビニールハウス内外
    *IN :最低気温3.1℃、最高気温30.2
    *OUT:最低気温4.1℃、最高気温13.8℃ 


C地点:室内陽射しある暖房部屋(寒さに弱い観葉植物を取り込んでいる)
    *最低気温10.8℃ *最高気温21.0


★今朝の天気★ 風無し、かなりな曇り。曇っていても暖か~い朝です\(^o^)/♪ 




にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2018.02.21 Category: ギバエウム  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

takoyashiki

Author:takoyashiki


現在地:静岡県(2014年7月半ば引っ越しました。2014.07前半まで東京南部)
  
多肉・サボテン&観葉植物ぼちぼち栽培!

バイクミニゴリラでちょろちょろ買い物走ります!

ペット!かわいい猫5匹でしたが、2013年悲しくも3匹他界、以降ゴマ子&タコちゃん2匹のつがいです。2015年秋、ゴマ子&タコちゃん悲痛にも若くして他界。2015年末、伊豆子ちゃん保護、2016年現在に至る。

性格は目分量&おおざっぱです

よろしくお願い致します。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ★多肉★サボテン
最新トラックバック
フリーエリア
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
週間天気予報
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
13位
アクセスランキングを見る>>
リンク Blog People
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード