落葉しないで室内冬越ちゅ~♪細葉のディディエレア科♪挿し木苗のその後&多肉に花が咲いてカラフルよ🌸

アルオゥディオプシス・フィフェレネンシスAlluaudiopsis fiherenensis)→詳しい関連サイト
寒くなると落葉して休眠するのですが、昨年末に室内に取り込み最低気温が10℃くらい、最高気温20℃上で保っていると、落葉せずにいます。亜竜木(プロセラ)は屋外で先に落葉してしまいましたが、この品は寒さに案外強いようで、同じ時期でも落葉しないで細葉を生やしたままいます。

アルオゥディオプシス・フィフェレネンシス(Alluaudiopsis fiherenensis)2018.03.09

↓2017.08.01~挿し木した苗の生き残り→当時の記事
大丈夫と思いたいですが、抜いてみないと根があるかどうかわかりません。細切れの若枝挿し木の方はダメでした。あ゛~(-o-)。

アルオゥディオプシス・フィフェレネンシス(Alluaudiopsis fiherenensis)2018.03.09

↓■クラッスラ・テクタ(Crassula tecta )(左) ■セダム・薄化粧(Sedum palmeri)(右)
こじんまりと、多肉に花が咲いてカラフルです\(^o^)/♪

クラッスラ・スプリングタイム~開花♪2018.03.09セダム・薄化粧~開花♪2018.03.09

★今朝の天気★ 小雨の鈍曇り空、天気予報は晴れず、当たりません!
今週は曇り雨ばかり続いたので、青空と日差しの晴れ日が来週は来て欲しい~。



にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2018.03.10 Category: ディディエレア科  Comments (2) Trackbacks (0)

まだ落葉しない、横ばいなディディエレア・トローリー♪ハナキリンじゃないのよ私は!ヤバ~イ!身内も知らない親戚かも?

ハナキリン(ユーフォルビア)じゃないのよ私は!ハッハ~♬

ディディエレアって言ってるじゃないの~ホッホ~♬

身内も知らない親戚かもしれないのよ~ハッハ~♬

ディディエレア科 ディディエレア属  トローリー (Didiereaceae Didierea trolii)
 和名:阿修羅城(あしゅらじょう)、花金棒の木(はなかなぼうのき)
    原産地~マダガスカル島、マダガスカル南西部

ディディエレア科 ディディエレア属  トローリー  (Didiereaceae Didierea  trolii)  和名:阿修羅城(あしゅらじょう)、花金棒の木(はなかなぼうのき)  原産地~マダガスカル島、マダガスカル南西部 2

久々の登場♪まさにハナキリン!といえばハナキリンそっくりさんです。前回記事では無理やり伸ばされ直立していますが、支柱を取るとうなだれてしまう・・・柔らかい金棒?にならない感じです\(-o-)/♪

かなり丈夫で、屋外で■ディディエレア科アローディア属、亜竜木(金棒の木)が落葉しても落葉せずにいます。落葉しないまま室内に取り込み、今も窓際で元気に落葉せずいます。

来春はぶつ切りにして挿し木してみようかしら~♪


■屋内・外気温

屋外IN:4坪温室内  ★今朝の最低気温2.0℃、昨日の最高気温29.6℃(無暖房)
屋外OUT:軒の無い屋外 ★今朝の最低気温1.7℃、昨日の最高気温7.0℃
屋内:寒さに弱い多肉葉植物を取り込んだ室内部屋(随時暖房) 
            ★今朝の最低気温10.4℃、昨日の最高気温23.8℃

*今朝の天気 晴れ。





にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.12.21 Category: ディディエレア科  Comments (2) Trackbacks (0)

高温期のうちに挿し木しなきゃ!ディディエレア科♪

アルオゥディオプシス・フィフェレネンシス(Alluaudiopsis fiherenensis)

善は急げ!高温期の方が、早く発根しやすいディディエレア科です。早めに、葉が出始めた初夏~真夏期~晩夏の挿し木は、結構発根が早い感じです。気温が下がる中秋を過ぎると、発根に時間がかかるので、早めに高温期に挿し木して、しっかり発根成長後、落葉期を迎えるようにしたいです。

■アルオゥディオプシス・フィフェレネンシス(Alluaudiopsis fiherenensis)2017.0801 アルオゥディオプシス・フィフェレネンシス(Alluaudiopsis fiherenensis)2017.08.11 アルオゥディオプシス・フィフェレネンシス(Alluaudiopsis fiherenensis)2017.08.11


2017.08.01に柔らかい枝をぶつ切りにして、清潔な用土(単用)に挿し木、すぐに水やり、木陰において現在に至ります。よく見ると新若芽が動き、発根し始めな気配ですが、ん゛~まだ早いかしら?。

木質化している3株も挿し木増殖株です。頂上芽の若枝を切り戻し挿し木すると、元株にも脇枝が増え草姿枝ぶりも良くなる予定ですが、意外と何本も脇枝にならなかったりもあります。マダガスカル原産はやや寒さに弱いので、寒さに落葉したら、断水してマイナス気温に当てないように(3度以上)で保温して(冬期、常暖房の入る生活部屋なら落葉せず、水やりもたまにしながら冬越しできる)新芽吹く初夏~短い高温期~晩秋までにしっかり育てたいです。


・・・高温期只中の8月のはずですが、空梅雨の穴埋めでしょうか。極端な猛暑晴れ日もありますが、不安定な曇り雨が続く晴れていない8月になっています。来週も不安定な空模様が続きそうで、過ぎればもう秋が目の前です。


★今朝の最低気温22.0℃、昨日から続くシトシト雨。★昨日の最高気温23.7℃。

8月なのに花冷え~(-o-)。ヒィエ~ッ




にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.08.12 Category: ディディエレア科  Comments (0) Trackbacks (0)

アルオゥディオプシスにカマキリ!&軽いユーフォルビアに葉っぱが生えてる~♪

今朝の最低気温25.3℃、晴れ。昨日の最高気温31.9℃。

8月です。日が短くなりつつ、晩7時はもう明るくはありません。地球はちゃんと回ってる~♪

日中の暑さと夕方の蚊に、虫よけスプレーと日焼け止めまみれでべとべとです(-o-)♪。もう長袖はやめて半袖になりました。蚊に食われなくなるより食われた方がまだ・・・なによ~食われてもなくても痒いのはいやだわ~っ(>_<)。そうそう、我が家周辺に若い人の血がないから、きっと誰でもいいのね~?。

■アルオゥディオプシス・フィフェレネンシス(Alluaudiopsis fiherenensis)→詳しい関連サイト

詳しい関連サイトには黄色い花が咲き、ディディエレア科の近縁属の花なんていつみられるのでしょう、と思います。この品は成長が遅く低木タイプと説明してあります。そんなことは知らず、新葉が生え始めたころ(5月半ば)伸びた枝をぶつ切り挿し木すると2カ月くらいはかかりますが、意外と着いて、赤茶色な新茎と黄緑な新葉が結構動きます。それほど気づかいして育てなくとも、ポピュラーなアルオゥディア・金棒の木と同じようなサイクルで落葉、暖かくなると新葉が生えて育っています。ジグザグの木、マダガスカリエンシス、フンベルティーは冬に、春に気づけば枯らしてしまいました(後悔)。A.金棒の木、ドュモーサ、フィフェレネンシス、アスセンデンスは同じ扱いで生き残っています。比べれば、丈夫な類ではないかと思います。

アルオゥディオプシス・フィフェレネンシス(Alluaudiopsis fiherenensis)2017.07.31 アルオゥディオプシス・フィフェレネンシス(Alluaudiopsis fiherenensis)2017.07.31  

ユーフォルビア・グリーンウェイ(Euphorbia greenway var. greenway)→過去の記事

意外と茂り始めるとぐんぐん新枝が出るのですが、このところ新葉が動かず若々しい枝が生えていません、右、折れかかった部分をとって挿し木しておくと、下部から新茎枝が生え始め発根してきたようです。よく見るとこれにも葉らしくない髭サイズの細くて短い葉が目立たなく生えて、これにも葉が生えるのね~と感心して眺めたところです。

ユーフォルビア・グリーンウェイ(Euphorbia greenway var. greenway)2017.07.31 ユーフォルビア・グリーンウェイ(Euphorbia greenway var. greenway)2017.07.31

どうしてこんな草姿が好きなのか私にも全くわかりませんが、みずみずしくはない変な姿にどうにも癒されるのであります\(^o^)/♪

   
  

にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.08.01 Category: ディディエレア科  Comments (0) Trackbacks (0)

1年前の胴切り挿し木苗♪アローディア・デュモーサの今・・・

今朝の最低気温17.2℃、曇り。昨日の最高気温25.6℃。

過ごしやすい梅雨?真っただ中です。結局、帳尻が合う年間雨量は、そのうちどこかで降るわけで、なんだか雨の少なさの反動がすんご~~く怖い話に私の中で盛り上がり、夢の中で今年作った大きめなビニールハウスが崩壊しそうな展開の一歩手前で目醒め・・・夢が中途半端で終わり、夢よね!夢だわ~良かった~っと♪変な汗をかいて(更年期だわ)起きる・・・そんなことは、あ~りましぇん\(-o-)/♪。だいじょうび!いつもの行いがチョキだから~♪なんちゃって~\(-o-)/♪


アローディア・デュモーサ(Alluaudia dumosa)前回記事詳しい関連サイト

原産地:マダガスカル島(アフリカ大陸南東部)の南西部。気温10度以下の寒さに落葉するので、断水して冬越5度以上を保つとその後の生育が良い感じです。アローディア・プロケラのように刺よ!のようなそれはなく、肌も乾いた茶色で枯れ木のようです。夕方水やりしなくてはと見まわっていると、この枯れ木は何だったかしら・・・あらあらら~よく見ると脇新芽が出ているのに気づきました。A.プロケラはもう葉が生え伸び始めていますが、A.デュモーサの目覚めは遅いようです。

アローディア・デュモーサ(Alluaudia dumosa)2016.07.30胴切りした親株がヒョロ伸びしています♪2017.6.12 アローディア・デュモーサ(Alluaudia dumosa)2016.07.30胴切のび挿し木苗の新芽が出てきました♪2017.6.12
アローディア・デュモーサ(Alluaudia dumosa)2016.07.30胴切のび挿し木苗の新芽が出てきました♪2017.6.12


昨年暑い時期(2016.07.30)に思い切ってバラバラブツ切りにして、赤玉土に挿し木しておきました。左画像:過去の記事の芽吹いてきた部分が、長~く伸びて先端付近にヒョロ葉も出て育っています。 右画像:元株胴切りをまた胴切りして4本挿し木していましたが、1本はダメなようです。他はよく見ると脇新小芽が動いています♪水やりしたらニョキニョキ渋い宇治・茶色に枝が伸びてくるはずです。なぜか胴切りしても両脇枝が出てくれず、左右バランスをどうにかしたい願望もあります。

詳しい関連サイトにも解説がありますが、ディディエレア科はサボテンのペイレスキオプシス属(木の葉サボテン)、スベリヒユ科のポーチュラカリア属、ケラリア属と接ぎ木できるというそんな関係のようです。私が考えますと、A.デュモーサを銀杏木に接げばいいのかしら?とかケラリア属も金棒の木に接ぎアリなのかしらと、現実味を帯びるチャレンジャーな妄想だけがスタスタ・ニヤニヤ独り歩きするのであります\(-o-)/♪

楽しい~ッエイエイオーッ♪





にほんブログ村

にほんブログ村
Date: 2017.06.13 Category: ディディエレア科  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

takoyashiki

Author:takoyashiki


現在地:静岡県(2014年7月半ば引っ越しました。2014.07前半まで東京南部)
  
多肉・サボテン&観葉植物ぼちぼち栽培!

バイクミニゴリラでちょろちょろ買い物走ります!

ペット!かわいい猫5匹でしたが、2013年悲しくも3匹他界、以降ゴマ子&タコちゃん2匹のつがいです。2015年秋、ゴマ子&タコちゃん悲痛にも若くして他界。2015年末、伊豆子ちゃん保護、2016年現在に至る。

性格は目分量&おおざっぱです

よろしくお願い致します。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ★多肉★サボテン
最新トラックバック
フリーエリア
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
週間天気予報
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
13位
アクセスランキングを見る>>
リンク Blog People
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード