小型の赤花ウチワサボテン♪可愛く開花ちゅ~\(^o^)/♪

ウチワサボテン・クイテンシス?(Opuntia quitensis =Opuntia johnsonii)開花♪→前回記事

そろそろ咲きそう~と毎日見張っていましたが、まさか雨上がりの鈍曇りでも花開いています\(^o^)/♪

ウチワサボテン・クイテンシス?(Opuntia quitensis =Opuntia johnsonii)開花♪2017.10.03 ウチワサボテン・クイテンシス?(Opuntia quitensis =Opuntia johnsonii)開花♪2017.10.03 ウチワサボテン・クイテンシス?(Opuntia quitensis =Opuntia johnsonii)開花♪2017.10.03
 

こんなに小さな姿でも難なく開花するなら、花付きが悪いわけもなく、ただ単に、日当たりの悪いところに置いたり、お構いなしにしていたから花芽ができなかっただけでのようです。

カワイイ赤花も、茎節もコンパクト~おまけに花付きが良いなら(新茎節にもっと幾つも花芽ができればいいのに~)言うことなし~群生群開花するように、日当たりは良くテキトーにお世話します♪

 

スポンサーサイト
にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウチワサボテン・クイテンシス? (Opuntia quitensis =Opuntia johnsonii) 開花

この赤い新芽はもしかして~蕾になるのかな?小型のウチワサボテン♪

ウチワサボテン・クイテンシス?(Opuntia quitensis =Opuntia johnsonii)詳しい関連サイト
小型茎節の小さい朱赤花が咲くウチワサボテン。原産地:南米(ペルー、エクアドル辺り?)

本当の品名が判りません。昔、ホムセンのサボテンセットに入っていて、小ぶりな茎節が、なんともかわいくて入手した記憶です。もう長~く家にいますが、茎節の大きさは縦8cm横6㎝程で、その範疇内の小型の茎節を連ねてコンパクトに育つ感じです。今まで何度か咲いただけで、花付きも良くはないです。

小ぶりのウチワサボテン~小さな赤い花が咲きます♪2017.09.23 小ぶりのウチワサボテン~小さな赤い花が咲きます♪2017.09.23  

今年、植え替えて肥料もしたり目につく場所に置いて観察していると、新茎節が伸びた後、またその上に小さな真赤な芽が出てきました。これは花芽になるに違いないと思うのですが、見逃さないように観察します\(^o^)/♪

咲くと分かりますが、咲いているか否かわかりにくい、チョコっとだけ開いてるような開いていないような、咲き損なってしまったかのような花です。

赤と緑の色合いが季節外れの「どん兵衛」みたい~♪開花が楽しみです\(^o^)/♪

★今朝の最低気温18.6℃、昨夜から強風雨止んで曇り強風。★昨日の最高気温⁂23.7℃ 

   にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

tag : 小型のウチワサボテン 小さい朱赤花 ウチワサボテン・クイテンシス?(Opuntia quitensis =Opuntia johnsonii)

プナ・白鶏冠~接ぎ木の経過♪&マミラリア・蓬莱宮またまた開花(^o^)

 ◆プナ・茸団扇(白鶏冠)(Puna clavarioies)→接ぎ木~前回記事

接げてからも、遮光ネット下の小陰に置いていました。8月半ば長雨が続くので、遮光を一旦取り止めたサボテン専用簡易ビニールハウスに移動して、徒長しないように慣らしました。ここ3~4日、猛暑日、熱帯夜が急に出戻り、あまりの暑さに水やりも躊躇して根土も乾いています(-o-)。夕方、陽が傾き落ち着いて見に行くと、接ぎ穂を取った自根小さな元株からも新芽が吹き始めています♪このまま干からびそうで心配でしたが、しっかり動き始めて、やはり秋の気配でしょうか。

プナ・茸団扇(白鶏冠)(Puna clavarioies)接ぎ木♪&自根の親苗(左)2017.08.25 プナ・茸団扇(白鶏冠)(Puna clavarioies)自根の親苗~2017.08.25


マミラリア・蓬莱宮(ほうらいぐう(Mammillaria shumannii Syn: Bartschella schumannii)
~2番花がたくさん開花♪

今年は、この蓬莱宮が何度も咲いてくれます♪一番花は4輪同時に咲きました。2番花は2度に分かれて2回、5輪開花です。今までと何が違うかというと、花の咲く液肥(花ごころ)など希釈して水やり代わりにずーっと与えています。こんなに開花するなんてやはり液肥パワーは素晴らしい実感です。同時開花するので、ダメもとで花違い雄蕊を花違い雌しべにコショコショしておきましたが、まさか種ができたでしょうか。もしや自家受粉できたのでしょうか。ダメ元なので観察続けます。

マミラリア(=バルチェラ)・蓬莱宮(ほうらいぐう)Mammillaria shumannii Syn: Bartschella schumannii)2番花開花♪2017.08.25 マミラリア(=バルチェラ)・蓬莱宮(ほうらいぐう)Mammillaria shumannii Syn: Bartschella schumannii)もしかして種?♪2017.08.25  

◆今朝の最低気温、4夜連続、熱帯夜、26.3℃、晴れ、朝からうれしい強風♪。
◆昨日の最高気温、3日連続!酷(猛)暑日、35.7℃。(>_<)

8月の終わりに、らしい猛暑が出戻り立ち寄りますが、秋はもうその辺に確かにいる気配です♪(^o^)

 
にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

tag : サボテン プナ・茸団扇(白鶏冠) 接ぎ木 マミラリア・蓬莱宮

名前のわからない小型球状団扇サボテンは気長に球を重ねています。フィ~・・・

今朝の最低気温26.5℃、曇り。昨日の最高気温32.9℃。

かなり、上から読んでも、下から読んでも、べとべとベとべーです\(-o-)/。まだ家は冷房入れないでネバネバネバーギブアップップーよ!・・・更年期で熱いのか、世の中が熱いのか・・・深く考えないで、水やりついでに靴下脱いでゴムサンダルのまま足にも水やりして冷やしたりします。蚊に刺されまくりながら(>_<)気持ちイイ~?

昨日は、午前中歯医者に行き、あまりに暑いので最寄りの市図書館に返却がてら行きました。館内のみ閲覧のサボテン図鑑があるのを知っていたので、内でゆっくり読んでみたりしました。「サボテン科 大図鑑 分類と解説」伊藤芳夫著1981年初版発行。


■小型の球状ウチワサボテン過去の記事
左:オプンチア・ゼブリナ(Opuntia zerbrina f. reticulata)亀甲団扇(きっこううちわ)
中:テフロカクタスコリノプンチア?・不明種
右:テフロカクタス・ウェベリー(Tephrocactus weberi)白狐(しろきつね)

名前がわからないテフロカクタス?コリノプンチア?いろいろ~2017.07.25

↑手前、鉢欠け入りの7.5cm径ポット
↓*テフロカクタスコリノプンチア?・sp小型球状ウチワサボテン
 よく見ると刺座から新茎節が動き始めています。水やりしなくては!

名前がわからないテフロカクタス?コリノプンチア?~2017.07.25

育ちの遅い小型球状団扇サボテンこそ、急いで接ぎ木しなくっちゃ~!接がなければ、思うことは遂げられまじ~?。


↓■アウストロキリンドロプンチア・将軍(Austrocyllindropuntia subulata) ペルー南部(左)
この方、適当に駆除してもダメで、カイガラムシに覆われたまま昨年末までかなりひどい瀕死状態でした。ダメ元なので食器用洗剤をたっぷりつけてごしごし洗い、刺も葉もかさぶた跡もみな取れてしまうくらい擦ると、柱からネバネバした透明な液体が出てきたりして・・・それでも丸一日洗剤溶液に付け込んでまた念入りに洗い干して2016.12.19に乾いた用土に植え付けておきました。それから7か月が過ぎ、ようやく新しい新幹茎が出て回復してきたところです。かわいそうに、歳くっても成長していない、まるで私みたくなっちゃって・・・それでも元気になってくれる将軍様に勇気をもらって・・・まっいいか~\(-o-)/。見ないで~→過去の記事 と同じ将軍様~


アウストロキリンドロプンチア・将軍♪咲かない・・・2017.07.25 単刺団扇白斑入り「夕月雲」(ゆうづきぐも)、黄斑入り「初日の出」というらしい。2017.07.25

■単刺団扇白斑入り・夕月雲(ゆうづきぐも)↑右。黄色斑入りを「初日の出」(はつひので)
図書館にて上記図鑑を読んでいたら白斑入りは「夕月雲」、黄斑入りを「初日の出」の記載がありました。


今朝は曇りでやや涼しい気配、飽くなきサボ労&肉労励みます♪

 
  にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

tag : 名前がわからない小型の団扇サボテン テフロカクタス 球状ウチワサボテン オプンチア コリノプンチア アウストロキリンドロプンチア

いつになったら花が咲くのでしょ?咲かない柱&団扇サボテンの植え替え♪

今朝の最低気温24.2℃、薄晴れ。昨日の最高気温30.8℃。

初夏に開花した紐サボテンに実がなっていたりします。リプサリスにも赤やオレンジ、白い実もなっています。もう中が熟れて捲けそうな感じもします。昨年咲いた葉物メセンにも茶色に乾いた種さやが張り付いていたりもします。採ってまかなきゃ~\(-o-)/。


クレイストカクタス・彩舞柱(Cleistocactus samaipatanus)→過去の記事

このサボテン、カタカナ名前がついていたので今更ながらわかるのですが、サマイパタヌス。育て方が悪いせいでもう10年以上いるのにこの調子です。黄金柱のように早く肥培して育てていたら、もう何度かは赤い花を見ていたでしょうに。サボテンも気の毒ですが、わたしも、気の毒・・・。今回の植え替えを機にちゃんと肥培して花を必ず見届けたいです。

クレイストカクタス・彩舞柱(Cleistocactus samaipatanus)植え替えます♪2017.07.21 クレイストカクタス・彩舞柱(Cleistocactus samaipatanus)植え替えました♪2017.07.21


■斑入り単刺団扇・初日の出、矮小催奇形変種(100均ショップ)→詳しい関連サイト
Opuntia vulgaris f. variegata cv Maverick = Opuntia monacantha f. monstruosa variegata

株分け、細切れにして挿し木して普通の培養土で育てて直ぐ大きくなりました。斑入りでも根は出やすく、普通に育つ感じです。分岐枝が無数に出てくるのでカイガラムシなどもつきやすく、掃除して殺虫剤も入れて一部植え替えしました。もっと大きく育つのでしょうか。花もいずれは見たいです。

100円ショップで何年か前に購入した斑入りの団扇サボテン2017.07.21 100円ショップで何年か前に購入した斑入りの団扇サボテン2017.07.21

長くいるだけで開花しないサボテンがたくさんあります。枝を増やしたくて同切り挿し木ばかりして大きくならず、肥料も不足している実感です。どちらももっと大きくならないと開花しないと思うので、これから柱を長く伸ばすようにお世話します。

サボテンって、開花年齢に達すると水やりしようがしなかろうが蕾が上がるもの、一定期間断水しないと花芽にならないもの、ある程度の大きさに成長したら根土がいっぱいになれば開花するもの、年がら年中開花しているのも・・・もう何が何だかわからない・・・けれど、どうにか開花がみられるようにひたすら見張りたいのです\(^o^)/♪。

エイエイオーッ♪

  にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

tag : クレイストカクタス・彩舞柱 斑入り単刺ウチワ 初日の出 咲かないサボテン

プロフィール

takoyashiki

Author:takoyashiki


現在地:静岡県(2014年7月半ば引っ越しました。2014.07前半まで東京南部)
  
多肉・サボテン&観葉植物ぼちぼち栽培!

バイクミニゴリラでちょろちょろ買い物走ります!

ペット!かわいい猫5匹でしたが、2013年悲しくも3匹他界、以降ゴマ子&タコちゃん2匹のつがいです。2015年秋、ゴマ子&タコちゃん悲痛にも若くして他界。2015年末、伊豆子ちゃん保護、2016年現在に至る。

性格は目分量&おおざっぱです

よろしくお願い致します。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ★多肉★サボテン
最新トラックバック
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
13位
アクセスランキングを見る>>
リンク Blog People
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード