長葉で有毛オマケに黄花よ~コチレドン属カンパニュラタ(Cotyledon campanulata)

♪コチレドン属  カンパニュラタ(Cotyledon campanulata)
 
こんなコチレドンもいます!黄色い花が咲いています。葉先が赤く紅葉中です。様々な図鑑を見てみるとコチレドン オルビキュラタの長葉タイプ?福娘?ふっくら姫?などこれらは毛が無くつる肌白粉タイプなのですが、カンパニュラタは長葉タイプに毛が生えた感じの細長葉、有毛中型種のようです。何かとの交配種なのでしょうか?


コチレドン属カンパニュラタ(Cotyledon campanulata)黄花2011.05.29
 

葉が細長くタテ7cm葉幅は1cm株径大きく12cmくらいあります。モット大きい根土で育てたならもっと大きくなるかもしれません。熊童子も大きくなり始めると葉も肉厚枝もしっかりしてきます。カンパニュラタも育て方によっては潅木状になりそうです。コチレドン属は落葉せず年間を通して成長期は長いのですが、成長はのろのろ緩慢で葉数の増えにくい、ちょっと解かりずらい品種です。


コチレドン属カンパニュラタ(Cotyledon campanulata)黄花2011.05.29 

しっかり日の当たるところで育てていますが、花が黄色です。花芽の付き方は釣鐘状でどれも似かよった花です。 どうして1花だけ開くのでしょうか?うちの多肉花芽は1輪づづちょびちょび咲いて満開になるまで結構時間かかります。あ゛~皆様のおうちはどうですか?

コチレドン属カンパニュラタ(Cotyledon campanulata)黄花2011.05.29 


コチレドン属、「熊童子」や「子猫のツメ」などかわいい毛生えタイプが一般的に好まれます。様々な品種があり葉型の変化などを見ると「へ~これもあれも同属なんだ~」とあまりのタイプの違いに驚いてしまいます。


コチレドン属カンパニュラタ(Cotyledon campanulata)黄花2011.05.29

葉型の変化には周辺土地柄環境が影響するのでしょうか?プラス親の容姿も影響しているのでしょうね~wwこの葉先が尖り赤くなるのはどういう意味があるのかしら?鼻が長いとか潰れているとか?人間の顔も内臓機能はほぼ同じでも微妙に顔かたち毛の濃い薄いの違いなどありますよね~ww?コチレドン属は花が咲いてはじめて「ああ!こういう花が咲くのね~意外と可愛い花だわ~」なんてまだまだ目立たない属なのかも?しれません。
昨日は台風一過残像~晴れているのに、、暴風吹き荒れて木がクの字型に曲がるほど凄まじい風でした!ビニール飛ばなくて・・・ホッ・・・アレだけ強風吹けばびしょびしょだった多肉ちゃんも少しは乾いてくれたかも。ア~良かった!清清しい朝になり今日は、肉労はかどりそうで~す!おしまい。


スポンサーサイト
にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

見て見て見て~ッ!葉が刺になるんだよ~!観峰玉(カンポウギョク)(Fouquieria Idria columnaris)その後~

フォークィエリア科 イドリア属 観峰玉(カンポウギョク)
 コルンナリス(Fouquieria Idria columnaris)


台風のセイでベランダ多肉達はびしょ濡れ~あ゛~。少し薄日が差したので1階ビニールハウスを見に行くと、アラアラ~マダマダ元気そうなカンポウギョクさんがいましたよ!一時気温30度くらいの暑い日には、そろそろ落葉始まるのかなぁと思いましたが、曇り空の20度前後の良い気候にご機嫌みたいです。新枝を出して元気に茂っています!

フォークィエラ科 イドリア属 コルンナリス(Fouquieria Idria columnaris)2011.05.29 


旧枝はシルバー灰色ですが、新枝は赤茶色に葉のような刺のような部分が色付いています!これ新たな発見なんです!昨年芽だし(葉出し)の頃は旧枝に緑の葉が吹き始め旧枝がせっせと緑になったと思っていました。暫くして新枝も出ていたのでしょうが良く見ていないので気が付かず!あら~!よ~く見たら新枝には刺が無いじゃありませんか!ね~無いでしょ! ↓


フォークィエラ科 イドリア属 コルンナリス(Fouquieria Idria columnaris)2011.05.29 


↑見て見て見て~~~ぇ!ww何これ?新枝の刺かしら!?と見て思ったら!!なんと先が葉じゃないですか!!葉っぱですよ!刺の先端が葉っぱ!うひ~っww不思議発見ですw!。


フォークィエラ科 イドリア属 コルンナリス(Fouquieria Idria columnaris)2011.05.29 

そんでもって他の枝と比べてみると~あらあら~やっぱっちん!新枝の葉は刺になるみたいですよ!そんな感じに見えるでしょ!ねっ!ねっ!見えるよね~wwオ~イェイww

フォークィエラ科 イドリア属 コルンナリス(Fouquieria Idria columnaris)2011.05.29 

前回1月にレポした頃より枝葉とも茂っていますよ~。元気です!そして解かりづらいですが、新枝は赤みのある若い枝を出すんです。そして新しく生えた葉が来年は刺となり枝として残るみたいですww。↓まだ成長点が緑色です、今年は1cmくらい高く伸びたかしら?と気長なカンポウギョクさんの成長記はまだまだ暫く続きます。葉が出たよ!枯れたよ!を繰り返すだけですが、まあいっか~ww

フォークィエラ科 イドリア属 コルンナリス(Fouquieria Idria columnaris)2011.05.29 

フォークィエリア科のフォークィエリア属の品種は赤い花が咲くらしいのですが、フォークィエリア科のイドリア属のカンポウギョクの花は黄色らしいのです!本来は巨木で高さ25m、幹は径90cmにもなるようで、私が生きている間は・・・やはり花は見られないのかしら?・・・それとも根土がいっぱいになったら~意外と小さくても花咲いてくれるのかしらw?人生まだまだ長い予定なので観察しちゃいますよ~いぇいいぇい~w梅雨に入ったばかり!まだまだ元気なカンポウギョクさんレポでした!おしまいです。
 
注:科名属名カタカナ読みが・・・フォークィエラ?フォークィエリア微妙なのでFouquieriaということでお願い致しま~す!

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コチレドン属 嫁入り娘 (Cotyledon orbiculata cv Yomeiri-Musume)

もち肌~嫁入り娘ちゃん!
●コチレドン属 嫁入り娘 (Cotyledon orbiculata cv Yomeiri-Musume)

同属に熊童子(くまどうじ)、紅覆輪(べにふくりん)、銀波錦(ぎんぱ錦)などがあります。熊童子と仲間なのね~とそういえば釣鐘型の赤オレンジ系花です。小型種パピラリス~葉が緑で縁が茶色で粘着。ウッディー~爽やか薄い白い粉黄緑葉の低木状に育つタイプなど。オルビキュラリス交配種には葉の丸いのや波打タイプ、白粉タップリなど生息地変種が色々あるみたいです。南アフリカ原産。

コチレドン属・嫁入り娘 (Cotyledon orbiculata cv Yomeiri-Musume) 

いつもの口癖・・・まだまだ咲きませ~ん><あ゛~~花開くのは6月に入ってからかも知れません!蕾が大きいです!垂れ下がる蕾3cmくらい長さあります。太くて力強い花芽です。

コチレドン属・嫁入り娘 (Cotyledon orbiculata cv Yomeiri-Musume) 


長く伸びた花序、多肉植物の花って花序がかなり長いものが多い様に今更気が付きました!この株は西側のベランダで無加温、ビニール保温も無しで冬越ししました。(屋根は無いのですが三方向壁で軒下に近い寒さよけ)コチレドン見かけによらず寒さに強い感じです。チレコドン(冬型)は暑さに弱く休眠してしまいますが、こちらのコチレドンは熱さにも強く落葉せず年中肉厚の葉を付けて低木状に茂っています。 縁取りが綺麗なピンク色です!


コチレドン属・嫁入り娘 (Cotyledon orbiculata cv Yomeiri-Musume) 


↑2011.04.30蕾の出始め~初めは花序短いのに↓2011.05.25 1ヶ月だらだら延び花序から蕾まで25cm位なりました! この花芽の付き方どこかで見た様な~カランコエのガストニーボニエリの花芽とどことなく似ています。また妄想が~あ゛~

コチレドン属・嫁入り娘 (Cotyledon orbiculata cv Yomeiri-Musume) 

7.5cm鉢植えなのにそれでも大きい葉を広げています。これ地植えか大きい根土で育てたらどれだけ大きくなるのでしょうか?しかしそれほど成長が早くないのでにょきにょき分岐しないし新葉が出てから大きい葉になるのも遅い感じです。銀波錦などもかなり成長が遅く胴切して分岐させるのにも2シーズンくらいかかります。

コチレドン属・嫁入り娘 (Cotyledon orbiculata cv Yomeiri-Musume) 

コチレドン成長期は春秋型で大きな肉厚の葉、白粉葉を持つ品種は特に暑さ寒さにも強いようです。南アフリカではコチレドンの葉を薬用植物として一部利用、そのまま食べて虫下し、葉を煮詰め溶かして炎症止湿布薬、乾燥葉は万能薬として医療のない地域で用いられているそうです。日本で言うアロエなどと同じ様に薬用植物なんでしょうかね?チョット1枚食べて試ようかしら~きっと毒は無いと思いますが苦いんでしょうねw日本では認められているのかいないのか解からないのでもしも食べたい場合は、自己責任でお願い致しま~す!花がバッチリ開いたら!またレポいたしま~す。
一日中雨模様~時の流れに身を任せます!♪晴れ乞いしても?止むわけないし~雨~やコンコン雨や!しとしと!降り止まぬ~♪ぴちぴちちゃぷちゃぷランランラ~ン♪元気良く!おしまいです!

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

アエオニウム スミッチー(Aeonium smithii )の花!

アエオニウム スミッチー(スミティー)(Aeonium smithii )

咲きました!黄色い花でした!見かけによらず大きな花です。アエオニウムの花って身体より大きすぎて・・・咲いたあと・・・燃え尽き症候群?骨粗しょう症でカ~ン!ノックダウンしそうな・・・感じがやっぱりします!

アエオニウム スミッチー(Aeonium smithii )開花~2011.05.25 

全体像はこんな感じで花序が重すぎて傾いて横になってしまいました。本体よりも大きくなった花・・・分岐して右側ロゼッツに花芽が上がって、左側はスミッチーのままです。今後左は生き残るのでしょうか?それとも右側と共に去りぬ~なのでしょうか?観察するっきゃない!でしょでしょ~で~しょ~wwいけるとこまでいったるで~?はははww


アエオニウム スミッチー(Aeonium smithii )開花~2011.05.25 

いろんな家族計画があってぇ?ふふふ~、一緒にまとめてアエオニウム開花組みを置いています。こうなると誰と誰の子か判るわけあ~りましぇん!雑種は強健ということで、上手く行けばこんなんでました~!アエオさんが見られるかもめです。


アエオニウム スミッチー(Aeonium smithii )開花~2011.05.25 

愛染錦の花はクリーム色でした。スミッチーは綺麗な黄色w夕映えこれは以前咲いたことがあるので愛染錦とほぼ同じクリーム色の花、青貝姫は?まだ咲いていないので解かりません。咲いたらまたレポいたしま~す!

関東も5月27日、通年より12日も早く入梅となりました。台風2号が既に日本を通ろうとしています。あ~あ今年も天変地異気味で・・・なるようにしかなりませんが・・・ちょっち怖い気がします!遭遇した場合はかもめはかもね~♪wwを口づさみ~でなければ!いぇい!かわいい愛猫ちゃんたちをなでなでして癒しをもらいます!そして植物を育てていられる環境に感謝したいと思いま~す!おしまい。

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

オスクラリア属 白鳳菊(Aizoaceae Oscularia pedunculata)

☆ハクホウギクの花盛り~
ハマミズナ科 オスクラリア属 白鳳菊(Aizoaceae Oscularia pedunculata)

南アフリカ原産の葉物花メセンです。アプテニア(花蔓草、アイスプランツ)、デロスペルマ、ドロサンセマム(マツバ菊類)とほぼ近縁種らしくオスクラリアは葉の多肉化が進み色も陽射しにより強く白粉まとった感じです。3月半ばに蕾が上がり始め今時期やっと満開になりました。開花まで丸2ヶ月の花盛りです!

ハマミズナ科 オスクラリア属 白鳳菊(Aizoaceae Oscularia pedunculata)2011.05.25 

挿し木挿し木で増やしてやっと大きくなりました!↑3株くらいの一緒植えになっています。実生について解からないことばかりでここ2年くらい多肉の実生をチャレンジャーしていますが、今年自家受粉するならば種を採って蒔いてみたいと思います。左側花が終わっているので種できるのかしら?できるかできないのか定かでありませんが、指先でなでなでしておきます!ふふふ~

ハマミズナ科 オスクラリア属 白鳳菊(Aizoaceae Oscularia pedunculata)2011.05.25 

話が逸れますが、リビングストンデージーの花は花柄取りをしないで放置していたら丸く実の様に硬くなって種らしくなってきました。↑左に見える花柄は茶色くなりクシャクシャ~となっているだけ?種ではないみたいです。残りの花芽はこしょこしょアチコチして種でき待ちします!実にならなかったら自家受粉しないってことになるのかしら?挿し木でなく種で株の更新してみたいです。


ハマミズナ科 オスクラリア属 白鳳菊(Aizoaceae Oscularia pedunculata)2011.05.25
 

光沢のあるピカピカピンク花シベが立ち上がって飛び出ています。それほど大きくない花~この辺がアプテニア、アイスプランツ、デロスペルマの流れなのでしょうか~園芸マツバ菊より小ぶりの花です。良く分岐して春先に伸びた枝に花芽を着ける感じです。摘心して分岐枝をコンパクトに増やした方が花付も多くなるような気がします。

ハマミズナ科 オスクラリア属 白鳳菊(Aizoaceae Oscularia pedunculata)2011.05.25 

昨年屋外大プランターで良く茂っていたのですが、寒さでダメになりました。たぶん雨に濡れていてのマイナス気温に、凍ってしまったのだと思います。根土が乾いていたら枯れなかったのかも知れません。今ある株は無加温ビニールハウス内でほぼ断水して吊るされシワシワになって冬越しました(暖かい日は少し水やりしていました)。冬場は雨が降ってしまうと根土がなかなか乾かず、屋外プランター置き場の避難が大変です。雨の冬日は屋内か軒下へ迷わず!メンドクサがらず!パッパッとですね~あ゛~。それと春先~花芽が見えたら水遣りした方が早く咲くのかしら?水やりしなくともしっかり開花するのかしら?コノ辺りが未だ不確かなのです。今年はひどく乾く前に結構水やりしてみました。花芽が確認できたら、水やりした方が着いた蕾の開花が進むようにやっぱり思いました!蕾上がりから2ヶ月間、観察し続けてやっと満開を迎えたオスクラリア属白鳳菊のレポでした!種ができたらまたレポしま~す。

西方面は早くも梅雨入りですね・・・あ゛~。この梅雨の合間の晴天陽射しが・・・要注意葉焼けなんですよね~ぇ・・・。遮光ネットのタイミングーグーグー難しいです。・・・いましたよね~グ~グ~グ~言う人ww。元気にしてるかしら?遮光のタイミングーメンドクサがらずに決断しなくっちゃ~ぁw梅雨が長いって困っちゃうな~おしまいで~す。

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

takoyashiki

Author:takoyashiki


現在地:静岡県(2014年7月半ば引っ越しました。2014.07前半まで東京南部)
  
多肉・サボテン&観葉植物ぼちぼち栽培!

バイクミニゴリラでちょろちょろ買い物走ります!

ペット!かわいい猫5匹でしたが、2013年悲しくも3匹他界、以降ゴマ子&タコちゃん2匹のつがいです。2015年秋、ゴマ子&タコちゃん悲痛にも若くして他界。2015年末、伊豆子ちゃん保護、2016年現在に至る。

性格は目分量&おおざっぱです

よろしくお願い致します。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
21位
アクセスランキングを見る>>
リンク Blog People
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード